タイ・サムイ島のWifi事情

タイ・サムイ島のWifi事情は、ビーチリゾートということがあり良いです。

あなたが日系旅行会社のツアーに組むようなホテルに宿泊するのであれば、ホテルはサービスしているWifiが使えるIDとパスワードを提供しています。当然無料です。

しかし、部屋によっては電波が弱かったり、ビーチ近くなどホテルの場所によって電波の強弱は様々です。

ホテルの外での無料Wifiスポットはほとんどなく頻繁にスマホで検索したりFacebookを使ったりする方には不便でしょう。

おすすめは、海外WiFiレンタルですが、SIMフリーの端末をお持ちならサムイ空港にはtrue moveの3G tourist inter sim購入することができます。

価格は299バーツ(約900円)。購入にはパスポートの提示も必要ありません。
SIMのセッティングはショップの人がやってくれます。

有効期間:7日間
データ通信:無制限(ただし使用量が1GBを超えると128kbpsへ速度制限)

普通にスマホやタブレットで検索やFacebook等を使うのであればこれ一枚で7日間はもつでしょう。

さらにご家族等で複数台のスマホ等使われる場合、Wifiルーターを持参すると便利です。

また、サムイ空港(チェックイン後の待合室)は無料でWifiが使えます。

サムイ島でのホテルリゾートライフ(サムイ島、タイ)

日本での日常から解き放たれ、折角ゆっくりしたいと計画しても結局のところ観光や買い物に明け暮れていませんか?

そんなあなたにタイにあるサムイ島をお勧めします。

サムイ島で高級ブランドショップでの買い物や観光スポットを巡る時間からも解き放たれ、ホテルでのリゾートライフを楽しみましょう。

一人旅は当然のことながらカップルやご家族での旅行に適しています。

まず、早朝に目覚め欧米人のようにビーチを小一時間散歩しましょう。

サムイ島の朝は海風涼しく気持ちよく爽快な一日の始まりとなります。ただしサングラスや帽子は忘れずに。また、ビーチの砂が既に暖かくなっているかもしれませんのでサンダルは履いていきましょう。

ホテルのレストランでの朝食です。できるだけ午前7:00前に行きましょう。

まだ混んでいないレストランに行けば、まだ誰も手を付けていない料理を一通り眺めその日の朝食メニューを自分なりに組立てましょう。

一通りその日の朝食を食べたらデザート替わりにお好みにフルーツを盛り合わせヨーグルトをかけてタイのフルーツを味わいましょう。ただし、マンゴーは置いてないことが多いですがお願いすれば出してくれることが多いので遠慮せずに注文しましょう。

最後にコーヒーや紅茶などを楽しみながらその日のプランを立ててみませんか!!!

SPAに行きたい人はこの時間にゆっくり選びましょう。

朝食後落ち着いたら、午前中のビーチやプールを楽しみましょう。

のんびりとビーチチェアに寝ころび読書に耽るのもリラックスできるでしょう。

プールではプールバレーなどやっていたりします。国際色豊かな面々に飛び入り参加して国際交流を図ってみてはいかがですか?

また、カップルやご家族でも当然のことながら満喫できること間違いなし。

しかし、太陽が高く昇る午前11:00前には一度お部屋に戻りましょう。長居は日焼けによる炎症の元になります。お部屋に戻り軽くシャワーを浴びたらランチに行きましょう。

ホテルでランチを楽しんでもいいですが、ホテルの近くにレストランが沢山ある地域であれば出歩いてはどうでしょう。サムイ島は欧米人が多く来ますのでタイ料理は当然のことながらイタリアン、ドイツ等の欧米系レストランから全世界展開のハンバーガーまで多種多様です。

ランチを楽しんだ後もまだ太陽が高く大変暑いことでしょう。ショッピングセンター等で涼みながらぶらぶらするのもいいですね。

または、SPAにいきませんか?日頃の疲れを寛ぎながらマッサージで身体をリラックスさせていきましょう。サムイ島にはタイ古式マッサージはもちろんのことインド式、スウェーデン式などサロンによって様々なコースを揃えています。

SPAに行く人は遅くとも朝食後にはホテルのコンシェルジュにお願いして好みのサロンを予約しておいてください。多くのサロンがホテルまで無料で送迎します。

コンシェルジュにチップを渡すのをお忘れなく。

そうこうしている内に夕方になったでしょう。

ディナーはレストランが多く集まるエリアに行ってレストランを自分の目で選ぶのもいいですね。サムイ島はシーフードが美味しいです。

さてお酒が好きな方はサンドバーに行ってはどうでしょう。サンドバーとは日中はビーチにビーチチェアを並べているエリアにビーチチェアを並びかえた夜限定のバーです。

様々な国の人がいますので国際交流の良い機会となるでしょう。

サムイ島のSPA事情

海外リゾートに行くとSPAを体験したいと思う女性は多いはず、
しかしこの大変心地いい時を男性にも味わって欲しい。

まだまだ日本人観光客が少ないタイのサムイ島であればSPAなんて女性の行くところと思っている男性の皆さんにも心地いい時を過ごしてみませんか?

しかし、どんなSPAに行こうかと皆さん迷いますよね。
宿泊されるホテルのコンシェルジュに尋ねてもいいのですが、サムイ島にはどのようなSPAがあるのか知らなくては始まりません。

まずどのような場所にあるのでしょう。
世界の誰もが知っている最高級ホテルには当然SPAが併設されています。
もちろん高級ホテルにも併設されています。
ホテルとは関係のない高級SPAが路面店としてあります。
サムイ島にはユニークな場所にもあります(一例を挙げれば、山の岩等を利用した一帯に洞窟にサウナ、岩の合間を利用したバス、山の上を利用した東屋でのマッサージエリア)その他に繁華街にビルで営業しているSPAがあります(繁華街にあるフットマッサージ店は除く)。

ではSPAメニューにはどのような施術が載っているのでしょう。
下に示したマッサージとバスメニューを選ぶことができます。(バスメニューとはジャグジーバス等でリラックスする)
-タイ古式マッサージ
-ボディマッサージ
-ヘッドマッサージ
-フェイシャル
-ボディスクラブ
-スウェディッシュ マッサージ
-ホットストーン マッサージ
-ボディラップ
-フットマッサージ
このような施術をSPA毎に独自のパッケージとして作っており顧客が選びやすくなっています。SPAに交渉して独自のパッケージを作ることも可能です。
よってSPAの時間は短くても90分位で長ければ半日位にもなります。
更に折角タイに来たのであればタイ古式マッサージは必ず試しましょう。

料金も気になるところです。
施術を60分したとして目安の料金は、
最高級ホテル併設SPA 10,000円程度
高級ホテル併設SPA 5,000 – 8,000円程度
高級路面店SPA 3,000 – 5,000円程度
(参考までに繁華街にあるフットマッサージは20分で1,000円程度)

マッサージを受けたら施術してくれた人にチップを渡すことをお忘れなく(100バーツでも大丈夫です)。

空港や現地高級ホテルにはSPAのガイドブック(英語版のみ)があり、日本では得られない情報も載っていますのでご参考に。