タイ・バンコクのWi-Fi事情

バンコクは日本以上に携帯電話やスマホ利用者が多いのでWi-Fiは発達しています。

ホテルチェックイン時に利用できるWi-FiのIDとパスワードをくれますが部屋やホテルの場所によって電波の強弱に差があります。

また、2011年12月28日からは「Free Public Wi-Fi」というサービスを開始されていて、約2万箇所(タイ全土のバスターミナル、国鉄の駅、県庁、警察署、公立学校、病院、観光地など)に無料のWifiアクセスポイントがあります。

しかし、SIMフリーのスマホをお持ちであれば旅行者向けSIMカードが安価で便利です。面倒な方は、海外WiFiレンタルが便利です。

まずスワンナプーム国際空港に着いたら到着ロビーにタイの3大通信事業者(AIS、dtac、true)のブースが並んでいます。各社ともに外国人旅行者向けのパッケージを販売しています。

タイでSIMカードを購入するのが初めてならば、ここで購入するのが一番楽です。

それぞれいくつかのパッケージを販売しており比較してご自身の滞在期間や使用量に応じて選ぶことができます。

大まかな目安としては7日間データ量1.5-2GBで約300バーツ(約900円)です。

バンコクホテルでの過ごし方

バンコクはどのような目的で行きますか?

観光?食事?マッサージ?または仕事?どのような目的でもホテルに宿泊するでしょうが、
ホテルに滞在するのであればそのホテルも楽しみましょう。またビジターとして他のラグジュアリーホテルも楽しんでしまいましょう。

クラブラウンジを使っていますか?
当然クラブフロア滞在客のみ利用となりますが、
日本から予約する際、格安ホテル予約サイトから高級ホテルのクラブフロアを本当に格安で予約できる場合があります。
当然クラブラウンジではチェックインからチャックアウトまで一般客とは別ですし、朝食からアフタヌーンティーやカクテルタイムまで追加料金なしで満喫できます。

タイはマッサージの有名な国の1つですが、タイ古式マッサージのある寺院やお店ばかりに目を向けていませんか !!!
当然ホテルには質の高いSPAが併設されています。少しお高いかもしてませんが、あなた自身へのご褒美としてラグジュアリーホテルのSPAで癒されてはどうでしょう。

Barに行きましょう。お酒が飲めなくても優雅な気分に浸れます。Barからの夜景が綺麗に見えるようにデザインしているホテルが沢山あります。

予定のない午後または出張中の休日にはプールでのんびりとしてリラックスしましょう。何か読書してもいいですしお昼寝してもいいかもしれません。

バンコクでの安全な行動は?

海外に行って日本はなんて安全安心な国なんだと痛感された方々は多いでしょう。

タイのバンコクは日本人観光客の多い都市の1つではあるが楽しい旅行のまま帰国するためにもご自身で安全安心な行動に心がけましょう。

まずは移動手段について
BTS(スカイトレイン)かMRT(地下鉄)をファーストチョイスにしよう。安価で衛生的で多くの場所に行けます。
次に便利なのがタクシー。しかし観光客に不当な運賃を要求してくるドライバーがいるので注意しながら利用しましょう。

バスも手頃ですが行先等を十分確認してください。バンコクの象徴的乗り物の三輪タクシーのトゥクトゥクは便利ですが雨風に耐えられませんし料金は交渉です。

モーターサイ(バイクタクシー)はバイクの後部に乗り観光客には危険なのでお勧めいたしません。

ボート。王宮周辺や、ワット・アルンなど、チャオプラヤー沿いの観光スポットに行くボートが便利です。安価ですが、水しぶきがかかっても大丈夫な服装で行きましょう。

次に繁華街等は深夜までいろんなお店やレストランが営業していて安全に歩けますが、タイには未だ近隣の麻薬生産地帯からドラッグが大量に流入していますので怪しい粉末や固形物には一切手を出さないように。人生崩壊してしまいます。